ブリッジマン炉 VEF1800-BR-VM

試料を装填したルツボを吊り下げ、試料を回転、移動させることにより、単結晶の育成が出来ます。 育成中の雰囲気制御を行う為、磁性流体シールとベローズを使用しております(到達真空度6.7×10-3Pa)。設定の容易さや操作性に優れたタッチパネルを採用しております。また、回転昇降機付縦型電気炉と同様に原料棒の焼結も可能です。

発熱体には、MoSi2(二珪化モリブデン)を使用しており最高温度は1800℃です。試料室には高純度アルミナ管(Al2O3 99.6%)を使用しております。炉内には1系統の雰囲気ガスをフローすることが可能です。