レーザ単結晶製造装置

  2011年に開発した初代のレーザ・ダイオードによるレーザ単結晶製造装置に続き、新モデルの装置の開発・販売を開始しました。最大出力1KWのレーザを使用することで(初期モデル:350W)、より大きな結晶を安定的に育成することが可能となりました。
  また従来手動にて行っていた照射角度の調整を結晶育成中に自動で調整できる機構を付加した装置を2017年度より販売を開始致しました。


Specifications
Laser operational mode CW(continuous wave)
Max power 1000W (200W x 5 laser diode units)
Center wave length 976nm±5nm
Laser oscillation angle 0~30 degrees (changeable)
Cooling Water-cooled by 2 re-circulating chillers
Sealing O-ring seal
Pressure 0.95 MPa & Vacuum:6.7 x 10-3Pa
Crystal length 150 mm
Growth speed 0.01 ? 300 mm / hour (fast moving: 6 ? 150mm / minute)
Rotation speed 5 ? 100 rpm
Control system LabVIEW (OS Windows 7) and Hand-control-box with remote control (Team Viewer)
Monitoring CCD camera and monitor
Atmospheric gas Ar 5liter /min , O2 500cc /min , Air 10 liter/min
Power 3 phases / 200-220V/ 20A


ご参考 http://staff.aist.go.jp/t.ito