高圧型レーザ単結晶育成装置

  最大15MPaまで高圧対応が可能なレーザFZ炉。
 ガスボンベあるいは増幅器(オプション)を使用して、高圧条件下でのFZ結晶育成実験が可能


LaNiO3(φ4mm)育成モニタ レーザユニットとチャンバー
仕様一覧
レーザ動作モード CW(連続波)
最大出力 1500W (500W x 3 ユニット)
中心波長 808nm ± 5nm
レーザ照射角度 30 ° (固定)
冷却 水冷(レーザ、チャンバー各1系統、計2系統必要)
シーリング O-リング
圧力 15 MPa
真空度 6.7 x 10-3Pa
最大結晶長 50 mm
育成速度 遅送り:0.01 - 300 mm / hour
早送り: 1 - 150mm / minute
回転速度 3 - 100 rpm

制御方法
LabVIEW (OS Windows 10) 、
手動制御boxによる手動制御又は
Team Viewerによるリモート制御
モニタリング CCDカメラ、LCDモニタ
雰囲気ガス 1系統(任意のガス)

電源

育成装置:3相 / 200V / 30A
レーザユニット:単相/ 200V / 20A
チャンバー:単相/ 200V / 10A


ご参考 http://staff.aist.go.jp/t.ito